FC2ブログ
2017-04-15(Sat)

緊縛SM本を立ち読みしてた美少女をお持ち帰りしたH体験談

俺は美少女の雌豚を飼ってる。

出会いは、

漫画やエロDVDなんかを扱う店で

一人でコソコソ、

エロ本を見ようとしてた美少女に

俺が話しかけたのがきっかけだった。

最初は凄いきょどってた、そりゃそうだろう、

エロ本読んでるところに、

「そういうのすきなの?」って話しかけられたら

俺でもビックリする。
話してみると後姿で思ってたより若かった。

ちょっと犯罪になるレベル。

恥ずかしがる莉奈(仮名)を半ば強引に連れ出し

スターバックスおごって話を聞いてみると、

学校サボって電車で隣町の、

この店に来てたらしい。

とは言っても学校は殆ど不登校で

家にもあまり居場所が無いらしい。

不登校の理由はありきたりにイジメ。

んで、何でこんなにホイホイ、

話が聞けたかというと、

読んでたエロ本が緊縛系のSM本。

直感でMだと確信したので、

ズケズケ行くと喋る喋る。

顔は良く見るとアイドル並みに可愛い。

既に半勃起状態の俺。

ソレから何度か帰ろうとする莉奈を引き止めて

色々聞き出した。

話し相手に飢えてたんだと思う。

色々赤裸々に話を聞きだして、夕方になると

莉奈の方から連絡先を教えてきた。

駅前まで送ったけど、

中々改札の向うに行きたがらない。

「帰りたくないの?」

「・・・・・・」

多分久しぶりに、親身に優しく

話を聞いてもらったのが嬉しかったのか

名残惜しいらしい。


んでそのまま手を引いて自宅にお持ち帰り。

途中大型のスーパーによって、

お菓子とか晩飯とかを買出し。

莉奈はデート気分なのか、

年頃の女の子らしくはしゃぐ。

「そうだ、一つ忘れてた、

アレが切れてたんだった。」と、

買い物の〆に薬局コーナーへ。

「シャンプーとかですか?」という莉奈。

「ん、コレコレ」と、

小さい箱を一つ手にとって莉奈の手に渡す。

最初ソレがナンなのか解らない莉奈は

手にとって箱を真剣に見る。

「なんですかこれ?」

外箱はお洒落なデザインで、経験の無い子には

一目ではソレが何かわからないのも当然だ。

「ソレは莉奈のだから

莉奈がレジに持っていってね」と意地悪。

「コレなんですか?」と何回か聞かれたが

「秘密、後であけてみたらいいよ」と

惚けてそのままレジへ。

ソレが何かわかりそうな若い可愛い子のレジへ。

スーパーのカゴをレジに置き莉奈にも

手に持ってる箱を一緒にレジに出させる。

案の定一瞬女の子の手が止まる。

僕と莉奈の顔を見比べたようだった。

莉奈は、ソレがなんなのかわかっていない。

会計を済ませて車に戻った。

「さっきの店員さん、

なんか変じゃありませんでしたか?!」

少し憤慨気味の莉奈。

「そうだね、でもその箱を開けてみたら

理由が解ると思うよ」と僕が言うと、

莉奈が早速、箱を開けた。

信号待ちしてると

丁度箱の中身を取り出した莉奈が固まる。

「コンドームを女の子が持ってきたら

僕でもアンナ顔すると思うよ」

「・・・・・・」

チラッと顔を見ると真赤にしている、

少しやりすぎたかと思ったが、

視線はコンドームに釘付け。

「初めてみた?」

「はい・・」

そのまま無言の莉奈を乗せて

自宅マンションに到着。

一人暮らしの独身貴族、

結婚せずにこの10年遊び倒している。

キッチンで食材を広げて手早く調理。

莉奈も手伝うと言ってきたので

皿を出すのと簡単な野菜の皮むきをさせた。

一人暮らし10年ともなると料理はお手の物。

メニューは莉奈が好きだといったので

ハンバーグ作ってる間に一応念のために

自宅へ電話させて

友達の家に泊まってくると言わせた。

電話はあっさりとしたもので

殆どやり取りがなかったように思えた。

(泊まって来ます)

(あっそう)みたいな感じだった。

次女で上に優秀な兄、下に妹がいて、

両親はそっちに夢中で、

家に居場所が無いのは本当らしい。

「本当はそんな泊めてくれるような友達なんて

居ないんですけどね・・」と言っていた。

「凄い上手ですね・・」

「まあ10年一人だとこの位はね」

「彼女は居ないんですか?」

「うーん彼女は居ないね」

セフレは何人か居るが、皆旦那居たり

その気が無い割り切った子ばかり。

2人で食べながらさらに色々聞き出す。

他のセフレが持ってきてた

シャンパンがあったので飲ませた。

「甘い!ジュースみたい」とよく飲む莉奈。

案の定あっという間にフラフラ。

「もうその辺にしておこうか」とグラスを取り上げて

フラフラの莉奈を連れてソファーに連れて行く。

「○さん優しいですね・・」

お酒で顔を赤くして莉奈が言う。

「普通だよ」

莉奈の長い前髪を左右に分けながら言う。

そのまま顔を近づけてキス。

一瞬身を引くような動作をしたが

酒を飲んでる上に強引に行ったので逃げられない。

「あっまって・・・あ・・やっ・・」

殆ど強引に莉奈の服を剥ぎ取っていく。


程よく酔いが回っている莉奈は、

殆ど抵抗らしい事は出来ない。

あっという間に下着姿に。

観念したのか全身を強張らせ顔を隠して無言の莉奈。

「こうなるって解ってたよな」

「違います・・・」

「好きだろこういうの」

「いや・・・」

「エロ本読んでこうなりたいって思ってただろ」

「・・・・・」

「隠しても無駄だし」

莉奈のショーツは既に黒いシミが出来ている。

「あの・・・シャワーを・・」

「なにお前臭いの?」

「いえ・・あの・・」

「大丈夫俺そういうの気にしないから」

そういうと手早くブラもショーツも剥ぎ取る。

胸はポチャだけあって結構な大きさ。

程よく肉が付いていて、尻も肉感たっぷりだった。

「お前エロイケツしてるよな、

本屋で後姿見たときから、

後ろからチンポ突っ込みたくてうずうずしてたんだよ」

そう耳元で言った。

「はああ・・・いやああ」

溜息のような言葉が莉奈の口から吐き出される。

「チンポ突っ込んで欲しかったんだろ?」

「・・・・」

「チンポ突っ込んで欲しくて付いてきたんだろ?」

「言え!!」

「・・・・」

無言だったがかすかに頷く莉奈。

「俺のチンポ欲しかったって言え!!」

ズボンを下ろして既にギンギンになった

チンポをソファーで横になった。

莉奈の鼻先に突き出す。

「ホラ」

「・・・・・」

莉奈の目が釘付けになる。

「しゃぶれ」

「えっ・・」

「エロ本読んでたんだから、

やり方くらい知ってるだろ」

「はい・・・」

恥ずかしがっていた割りに、しゃぶりだした莉奈は

徐々にチンポに夢中になっていった。

「初めての割りに上手だね」

ここでまた少し声のトーンを優しくして

頭を撫でながら誉めてやる。

さっきまでの怖いトーンの声に

怯え気味だった莉奈が

少し安心したように顔が緩む。

それに比例してしゃぶり方も熱を帯びてくる。

このまま怖く命令して、実行中は優しく扱う事で

奉仕する喜びを植えつける事が出来そうだ。

「同じ調子でなくてもっと色々と

変化を付けてごらん」

優しく頭を撫でながら細かくアドバイスをする。

莉奈は僕に優しくして欲しいのだろう、

必死にソレを実行する。

腫れぼったい唇が真赤に純血する。

「流石にエロ本で予習してただけあって

飲み込みがいいね」

「今までの女の中で一番上手になれるかもね、

もっと頑張ろうね」

今までの女で一番というワードに、

明らかに今までと違う反応を見せる莉奈。

目の奥で微かに莉奈の中の、

女のジェラシーが光った気がした。

途中短く休憩させたが

そのまま40分くらいしゃぶらせてた。

その頃には莉奈は明らかに

太ももをすり合わせてモジモジしていた。

処女だけに自分の高ぶりは解っていても

自分から欲しいとはいいだせない。

「四つんばいになって

コッチにそのエロいケツを向けろ」

そういうと素直に従う莉奈、

すでに僕のいう事には何でも従うようになっている。

尻を鷲づかみして左右に割ると、

ピンク色のアナルが見えた。

「ほら!誉めてやってるんだぞ!」

「ありがとうございます・・・」

「オマンコも美味そうだな」

「はい・・嬉しいです」

莉奈はエロ漫画のような展開に、

段々酔ってきているようで、自分が漫画の

可愛いヒロインになった気分なのだろう。

「喜べ、お前のオマンコは、

臭くないしいいオマンコだぞ」

「はい・・うれしいです・・」

舌を這わせると大きな尻を

ブルブルと震わして感じる莉奈。

尻の穴の回りも丹念に舐める。

「少しションベンの味がするな」

「ああっ・・・ごめんなさい・・・」

「まあ、後で俺のケツの穴舐めたら許してやるよ」

「はい・・舐めます・・あああっだから、

嫌いにならないで・・!!」

「何でもするのか?」

「はい!!なんでもします!!!」

(マジでM女の素質ありだな)

久しぶりにいい掘り出し物を拾ったと思った。

他のセフレ共はどいつも自立した女ばかりなので

見た目は良くても生意気な所があり、

要望もうるさいが、こいつなら100%、

自分好みのオナホールに調教できると確信した。

「おい、お前俺の女にしてやる、

家に帰りたくなきゃここにずっと居てもいいぞ」

「ああっ・・ほん本当ですか?」

「俺のためなら何でもするんだろ?」

「はい・・」

「じゃあ雌豚ペットとして

俺の家で飼ってやるよ、うれしいか?」

「はい!嬉しいです!!」

こっちがゾクッとするくらい、

その日一番の笑顔で笑いやがった。

こっちも釣られて嬉しくなり、もう少しじらして、

散々淫語を言わせてオネダリさせる予定だったが、

せっかく買ったコンドームもつけるのを忘れて

ケツを掴むと一気にチンポを

バックから突っ込んだ。

「ああっいっ・・」

外側は太ももをぬらすくらいびちゃびちゃだった。

入れてみるとブツッっと、

処女膜を貫く抵抗があった。

中は狭く驚くほど絞まる。

今みたいに虚を付いて勢い良く入れてなければ

押し出されて失敗したかもしれなかった。

「ああっ、ゆっくり・・」

まだ痛いのだろう哀願する莉奈を無視して

ガツンガツン突きまくる。

莉奈は既に肩まで崩れ落ち、

顔がソファーに埋まってしまっている。

「く、くるひい・・」

余りにも激しく突いたために顔が

ソファーに埋まって上手く息が出来ないのだろう。

胸に手を当て莉奈を抱え上げた。

ジムに通っていて身長も185センチある、

元ラガーマンの俺には楽勝だ。

軽々持ち上げて駅弁で30分くらい

楽勝で突きまくれる。

大抵の女はコレでいちころになる、

白目むくまでひたすら突きまくるのだ。

今度は僕がソファーに座るようにして背面座位に。

デカイ胸を乱暴に掴みオナホールのように

上下に莉奈をふりまわす。

「あっああっ」

そうしているうちに莉奈の声が痛みより

快感を伴った声に変わっていった。

「どうだ!いいか?!チンポいいか?!

コレがずっと欲しかったんだろ?!」

「あい・あああいいいいっ!!」

「チンポをオマンコに入れてもらって

ズッポズッポ出し入れして欲しかったんだよな!」

「はい!!ああああああああああああ」

2時間ほど汗だくになりながらソファーの上で

色んな体位でオマンコをハメ捲くった。

最後には莉奈は殆ど動かなくなっていた。

普段インドアの引きこもりの莉奈と俺では

体力が全然違う。

しかも初めてでこんなにハードな抱かれ方をしては

もう半端な事では満足できないだろう。

しかも、俺のそばに居る限り

コレより淡白になる事は無い。

俺が飽きるまで散々抱かれ捲くる事になる。

ここで白状すると俺はセックス依存症で、

まあソレが結婚しない理由にもなっている。

今までにも何度か女の子を引っ掛けて

セックスペットにして

飽きたら風俗に沈めたりもした。

でも、今回の莉奈は体の相性も抜群だ。

この性格とMの性癖は得がたい物があった。

失神同然の莉奈を抱きかかえて風呂場へ行く。

未だに体が上手く動かない莉奈を

シャワーで洗ってやった。

「あ、すみません・・・

ありがとうございます・・」

意識が戻ってきたのか莉奈が言う。

「初めてにしてはハード過ぎたかい?」

ココは優しく言う。

「はい・・でも・・凄かったです・・」

「もう自分で動ける?」

「はい・・大丈夫・・だと思います・・・」

「じゃあ今度は俺を洗ってもらおうかな」

スポンジを持たせて背中や体を洗わせた。

「背中とか大きいですね・・

私の家みんな身長小さいですから・・」

「オチンチンもこんなに大きい人が居るんですね・・

お兄ちゃんとお父さんのしか見たこと無かったから・・

漫画のみたいでした・・」

「おれハーフだから」

「そ、そうなんですか?!」

ビックリしたように莉奈が言う。

「別に今時珍しくないぞ」

「そうなんですか」

体を洗い終わったら莉奈の毛を全部そる事にした。

莉奈のやつアンダーヘアは殆ど処理してなかった。

因みに俺はチンコの毛も綺麗に剃ってる、

最初は皆驚くが、しゃぶり易いと女にも評判がいい。

「剃るんですか?」

「俺のペットに毛は要らないからな」

「あの・・本当に私ここに居ていいんですか?」

「俺のペットになるんだろ?」

「はい・・」

俯いて真赤になる莉奈。

「俺のペットは俺の家にいないと可笑しいだろ」

「はい・・・」

そう言うと手早く尻毛マン毛、

ついでに薄く生えてる足の毛なんかも

綺麗に剃ってやった。

「よし、コレで雌豚ペットの出来上がりだな」

「はい・・」

「立って」

俺がそういうとオズオズと立ち上がる莉奈。

ソレを座ったまま見上げ、

オマンコに行き成り指を突っ込む。

除毛中に既にソコはトロトロになっていたので、

スンナリ入った。

「はっうう」

「今度首輪と鎖も買ってやるからな」

「それで散歩にも連れて行ってやる」

「そんな・・あああ」

指で膣をかき混ぜながら言う。

ガクガクと膝が折れて、

俺の肩に手を置いて耐える莉奈。

「お前は本当に淫乱だな、

初日にココまで感じる女はそんなにいないぞ」

「ご、ごめんなさい・・・」

「お前オナニーも相当やってたんだろ?」

「はい・・・」

「どのくらいやってた?」

「ああっ毎日です!毎日してました!」

「オマンコにぶっといチンポ入れられるのを

毎日夢見てエロ本見ながらまんことクリトリスを

『シコシコズボズボ』って

オナニーしてたんだな!!」

「はい!!ごめんなさい!!」

「気持ちよかったか!?」

「はい!!ああっああきもちいよかったです!!」

「俺のチンポとドッチが気持ちよかった!?」

「ああご主人様のチンポの方が気持ちよかったです!!」

言いやがったコッチが催促しても居ないのに、

自分からご主人様って言いやがった。

俺のテンションも上がりチンポはビンビン、

オマンコへの指の出し入れを早くしつつ続ける。

「自分からご主人様なんて言いやがったな!!

この淫乱が!!」

「あああはい!!!」

「ずっとこうやって、

男にしてもらうのが夢だったんだな!」

「はい!!」

オマンコに出し入れする指が3本になる。

「ご主人様欲しかったか!」

「ほしい!ほしい!!ご主人様!!」

「ご主人様の指3本はいってるぞ!気持ちいいか!」

「気持ち良い!!気持ち良い!!」

「ならいけ!さっさといって見せろ!!

オマンコ指突っ込まれていって見せろ!!」

「はい、ああっ、いくっあああ」

莉奈はそう言うと大きく痙攣して

ガクガクと崩れ落ちると、

そのままションベンを漏らした。

シャワーで改めて軽く体を流して

広い湯船に二人で浸かる。

ココで少し恋人気分を味わわせるために

優しく誉めタイム。

「莉奈凄くかわいかったよ・・」

「恥ずかしいです・・・ご、ご主人様・・」

顔を真赤にして初々しく恥ずかしがる莉奈。

「こっちにおいで」

そういって引き寄せる。

まだ少し身構えるような一瞬の硬さが

知り合って間もない関係を象徴する。

「ほら、莉奈のせいでこんなになっているんだよ」

そういって莉奈の手をとって

ギンギンのチンコを触らせる。

「すごい・・・熱い・・おっきい・・」

恐る恐るだったが徐々に

形を確認するように手が動く。

「コレからこの家に居る間

毎日オマンコに入れてあげるよ」

「・・・・・・」

「後悔してるかい?」

無言で首をふる莉奈。

「信じられなくて・・・

○さんみたいにカッコいい人が

私みたいなぁ・ムッ・・」

それ以上の台詞を言わせないように、

口に指を入れた。

「いいかい?莉奈は俺のペットになったんだ

可愛い可愛い雌豚ペット」

「だから自分を卑下したりしなくていいんだよ、

莉奈の価値は俺が決めてやる」

「莉奈をけなしていいのは俺だけなんだよ」

「ここにいれば生活にも困らない、

俺が何でも与えてやる、

だから安心して何も心配しなくていいんだよ」

そういいながらマンコと乳首を弄りつつ

首筋に息を吹きかけた。

呪文のように、

そんな甘い言葉を繰り返し聞かせてやると、

莉奈が徐にキスをせがんできた。

「うれしい!うれしい!!」

涙を流してキスをせがんでくる。

こうして翌日一応家に帰るか?と、

一端荷物を取りに帰そうかと思ったものの、

莉奈が帰りたがらなかったので

2日目、そして結局3日目と

ズルズルとセックスしてしまった。

「私はずっと要らない存在だと思っていました」

「今はご主人様が、私を使ってくださいます・・

ソレが凄く暖かいのです・」

不覚にもジーンときてしまった。

俺は愛情の無い人間だが、

それでもお気に入りのペットが

自分に懐く馴染む事は格別の喜びだ。

「俺は結婚はしない主義だし、

特定の女を愛したりしないが、

お前は可愛いペットだから、

何時までも大事にしてやるよ」

「お前がココに居たいだけいるといい、

俺に精一杯つかえてくれ」

「はい・・精一杯おつかえします・・」

こうして可愛い雌豚ペットとの生活は始まった。
もっとエッチな体験談を探す   ブログランキング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

アクセスランキング
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ランキング
月別アーカイブ
DMM動画
新着エッチ体験談
にゅーえろ
キタコレ(゚∀゚)!!
にゅーもふ
にゅーぷる
検索フォーム
RSSリンクの表示
PR
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる