FC2ブログ
2017-11-08(Wed)

初めて浮気が気持ちよすぎて目の前で火花が散った

新卒で入社し、まだまもない頃の話です。
先に言っておきます。
私が浮気をした話です。

当時、私には学生のときから付き合っている彼氏がいました。
お互い社会人なると同時に少し距離が離れてしまって、月に一度会えたらいいかなぐらいな程度になっていたのですが、今思うと彼氏との関係が変わってしまったのはそれからでした。
デートの形式も、以前のようなものではなくなり、久し振りに会えたとしても彼の家にお泊り。
そして次の日に帰るというのが定番。
主な理由は彼が「仕事で疲れている」「でも会いたい」というもの。
もっぱら私たちのデートは、彼の家で過ごすか、近所でご飯を食べるかになっていました。
付き合いたてのカップルや、恋人と会うだけでも幸せ、家でまったり二人でいるだけで十分と思える人なら、私のような事態にはならなかったのかもしれません。

言い訳ですが、この頃の私は彼とデートをしても“物悲しさ”がつきまとっていました。
料理を作って(私が)食べて、ときには近所に行って済ませてテレビを観て、話をする。
そして帰る。
それの何がって話なのですが、加えて言うと、すでにこれが普通になっていた頃、彼とは半年以上セックスをしていませんでした。

これを書くと疑問に思われる方もいるかもしれません。
彼の言い分は「疲れている」「膝枕やスキンシップだけで落ち着く」ということで、私もそれを受け入れていました。
それに少しずつ晴れないモヤを抱きつつも、別れるなんて選択も出ないまま期間は過ぎていました。
不満だったかと聞かれれば、むしろ不満と言うより、私に飽きたのかもしれないという不安のほうが大きかったです。
が、もともと私は彼としか付き合ったことがありませんでしたし、(どうしてもしたい!)と積極的に誘いたくなるほど欲求が溜まっているわけでもありませんでした。
彼が「ごめん、気が起きないだけで」と謝るので、数回ほど私からそんな空気を持ちだしたきり、もう話題に出すことはやめていました。



それに私の当時の寂しさは、彼とのセックスがなかったからとは少し違いました。
何が寂しかったのかは上手く言えませんが、たぶん(これで私たちって付き合ってると言える?私って便利屋の家政婦兼友達みたい)という感情です。
その一方で、『身体のコミュニケーションがない=別れる』なんて思わなかったのは、彼は優しくて話も合うし、一緒に落ち着く存在、付き合いの長い気の置けない関係だったからとも言えます。

そんな彼を裏切った日。
私は仕事のトラブルで社内の親睦会に行けず、デスクに残っていました。
他にも数人残っていて、みんなは終わった後親睦会に行くらしかったのですが、私は疲れたので帰ることにしました。

すると、話しかけられました。
話し掛けてきたのは私の班の男性、Aさんでした。
Aさんは私とそう年も変わらなく、班の中ではもっとも話しやすい人です。

「明日、◯◯(私)さんの誕生日でしょ、ご飯でも奢ろうか?」

Aさんに、そう言われたのが始まりです。
このとき私は心から嬉しいと思ってしまいました。
彼氏のおめでとうのメールより嬉しいと思ってしまった私は最低とも言えます。

Aさんには、私が仕事で補佐をしたことに感謝をしていると前々からよく言われていました。
私もAさんにはよく助けられてたので、それに比べたら大したことなどありませんでしたが、同じく感謝していましたし、個人的に憧れてもいました。
そのAさんが誕生日を覚えていてくれて、親睦会に行かずにそんな提案をしてくれたのがじんわりと嬉しくなってしまったのです。

あっさりと了承し、ご飯へ。
食べたいものを聞かれたので厚かましくもリクエストすると・・・。
到着した場所は、前に仲間数人と連れてきてもらったようなところとは雰囲気が違いました。
これにはちょっと驚きました。
固い接待向けとも言えるような落ち着いたお店です。

仕事の相談をしつつ、Aさんの趣味の話を聞きつつ、楽しく会話をしていたとき、Aさんに、「連休の予定は?」と聞かれました。
悲しいですがありませんでしたので、「ありません」と答えました。
そのせいでしょうか、「彼氏にどっか連れて行ってもらわないの?」という話を持ち出され、私はぽつぽつと彼氏の話をしてしまいました。

Aさんはお酒が強く、私も割りと飲む方です。
彼氏は体質的に少ししか飲まない人なので、これも新鮮に感じてしまったのですが、美味しいお酒も入っていい気分だった私は自分のことだけ話すのは物足りず、やがてAさんのことも踏み込んで聞いていました。
向こうも面白おかしく言うので、初めは笑っていました。
ですが・・・。

「聞かれたから答えるけど、◯◯のことをいいなと思っている、好きなんだよね」

そう言われ、一気に現実に引き戻された気分になりました。
私は動揺を隠し、お酒の席での社交辞令と受け止めたものの、Aさんは余裕な顔していました。

「彼と別れたら教えてね。たぶん◯◯さん、彼と付き合ってるのにそんな満足してないでしょ?」

呆気にとられていたら、「男に彼氏の愚痴はあんまり言わないほうがいいよ」と笑いながら言われてしまいました。
色んな意味で呆然とした私ですが、一つの理由はAさんが、“女性に軽く接しても嫌悪感をもたれないタイプ”だと自覚しているであろう人だったからです。
彼氏とは違って女性の友達も多く、女性の前で下ネタも普通に言う人です。
社内でもAさんと楽しそうに話す女性がいましたし、なので冗談なのか本気なのかやっぱりわかりませんでした。

のはずでしたが・・・、送ってもらった帰りにキスをされて、応えてしまいました。
我に返って謝ると、「人のこと言えないけど、キスの後で謝るってひどいね」と笑われ、Aさんに抱き締められた後、「おやすみなさい」と言われました。

部屋に帰ってから罪悪感に陥りました。
彼氏でもない人とキスをしたことなんてありませんでしたから。
そもそもAさんが突然あんな態度をとってきたことが、嬉しいどころか意外すぎて困惑しました。

その次の休み、電話がかかってきました。
彼氏ではなくAさんでした。
声の調子が仕事と違うので誰かと思いました。

「淋しい連休を過ごしているならご飯行かないか?」

最低ながら揺れてしまいました。
思い返せば、彼氏とキスをしたのは何ヶ月も前で思い出す方が難しく・・・。
Aさんにされたことは、嫌などころか女として見られていることを嬉しいと思っていたのかもしれません。
お手軽な女だと思われていたでしょうに、・・・おかしな話です。
その電話で話しているうちに、自分から「会いたいです」と言ってしまいました。
じゃあ、とすぐに約束をとりつけられ、その日の午後に会うことになりました。

会った場所は普通の飲食店。
何事もなく楽しく話して帰った直後のことでした。
送ってもらった後、キスはされませんでしたが頭を撫でたり、「可愛いから触りたくなる」とボディタッチをされたことで、私は抱き締め返してしまったのです。
が、さすがにその日は、少しその場で涙が出てしまい(自分でもなぜ涙が出たのかわかりません)、「Aさんのことは抜きとして彼氏とは別れます、こういうのはいけないので」と伝えました。
向こうは「『抜きとして』って何?」とケラケラ・・・。

Aさんが別れ際に、「俺が言えることではないけど、◯◯さんは悪くないからね。謝ったら失礼だから謝らない、好きなのは本当だからね」と真面目な顔で言われたのが大きかったかもしれません。

その夜、彼氏別れを告げました。
とはいえ、Aさんに何か言えるわけでもなく、しばらくは私からは連絡しませんでした。

そのまま日が過ぎました。
ただなんとなく仕事のときも微笑んでくれる回数が増えた気がして、すっかり私も同じように返していました。

「今日終わったら話したい」

仕事の休憩中にAさんが話し掛けてきたときには月が変わろうとしてました。
私はAさんのことを、このときには以前以上に好ましく思っていたかもしれません。
それが顔や態度に出ていたのか、「ちゃんと待ってるから」とAさんに言われて、嬉しいと思ってしまいました。
そして、「もし別れたばっかりでいいのかなって思ってるなら、それは◯◯さんの事情だから、こっちにはあんまり関係ないんだ~」とも言われました。

車の中だったので、キスをされたあと拒まずにいたら、私のシートベルトを外してきたAさんに寄せられました。

「ここじゃさすがにまずいか」と言われて、彼の家へ。

私からキスを返しているうちに、「やっぱり好きだと思います。軽くてごめんなさい」というようなことを伝えた気がします。
向こうには笑われました。
今言うのか、という感じで。

私の身体は淫らにも待っていたのでしょう。
着いてからキスを繰り返され、胸に触れられただけでもうずいぶんと濡れていました。
初めてされたときより荒々しくて戸惑いましたが、気持ちよさに夢中で舌を絡めていました。
日中顔を合わせて仕事をしている人に裸を見せる日が来るなんて、ましてお世話になっている目の前の人に・・・。
身体の火照りに恥ずかしくなったのを覚えています。

Aさんはときどき笑いながらでしたが、からかっているでもなく、「乱れてくれて嬉しい」と言い、愛撫を繰り返してくれました。
指を入れられたところでクリトリスも執拗に押されて、間もないうちに一度達してしまって自分でもびっくりしました。

十分に潤ったそこをほぐしてくれたと思ったら、ゆっくりと奥まで挿入されました。
あまりにゆっくり焦らされたので自分から腰を揺らした気がします。
それまで、というか彼氏とのセックスでは、声が出たり、身体が大きく震えるようなことはほとんどありませんでした。
感度が悪いのかもしれないと思っていたのに、引き出すように責められ、出し入れされながら愛撫を受けたり、がっしりと足を抱え込まれながら奥を強く突かれたときには、カチカチと火花が散ったような感覚で目が眩んでしまいそうでした。
本当に気持ちがいいとこうなるのかなと思って幸せな気持ちになりました。

Aさんのされるがままにされた後、深夜にお風呂に連れて行かれ、もう一度抱き合いました。
立ってするのはあんまり経験がなくて、腰から下が痛くなりました。

たいしてエッチな話でもないかもしれませんが、彼氏以外知らなかった私にとっては、記憶に焼き付いているセックスでした。
もっとエッチな体験談を探す   ブログランキング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

アクセスランキング
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ランキング
月別アーカイブ
DMM動画
新着エッチ体験談
にゅーえろ
キタコレ(゚∀゚)!!
にゅーもふ
にゅーぷる
検索フォーム
RSSリンクの表示
PR
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる